アクセスカウンタ

空を飛んだ猫

プロフィール

ブログ名
空を飛んだ猫
ブログ紹介
ペットを中心としたブログです。
本ウェブサイトはこちら→空を飛んだ猫

☆空を飛んだ猫とは…私の飼っている猫「そら」は、空を飛んでいるところを目撃され、救出された猫です。
恐怖の噛み噛み猫ちゃんです。
zoom RSS

獲ったど〜!!

2006/09/03 20:09
そらは、よくガラクタを口にくわえて、
「にゃーにゃー」と仲間を呼びながら歩き回る癖があります。
我が家ではそれを、「もぐら獲ったど〜!」と名づけています。
以前、ヒョウ柄の猫じゃらしをわざわざおばあちゃんの枕元に置いて行って、
おばあちゃんがそれをモグラと勘違いしてビックリした、という事件以来です。

よく、モグラ役をやってくれるのは、
小さな熊のぬいぐるみ、髪の毛をまとめるゴム、ビニール袋を結んだもの、等など…。

憎いのは、お姉ちゃんやおばあちゃんには、モグラを持っていくのに、
私が「モグラ獲ったの、偉いね〜」と近づくと、逃げて違う人をニャーニャー呼ぶことです。
私って…何…?

先日、いつものようにそらと部屋で二人きり、私は布団の中に入りました。
そらは、エサを食べ終わると突然凶暴化して、寝ようとする私に襲い掛かる時があるのですが、
先日はちょっと違いました。
私の左手をがぶりと噛み、寝転がってちょっと暴れた後、ぴたりと止まってしまったのです。
私は、噛まれたままの左手を、痛いけれど眠かったので抵抗もせずそのままにしていました。
すると、突然。寝転がっていたそらがスクっと立ち上がると、

「ニャー、ニャー(モグラ獲ったど〜!!)」

どこか遠くを見て、鳴き始めたのです!

そらにとって、私って…モグラ?
彼女にとって人生最大級のモグラを獲っても、すぐそばにいた私を呼んではくれないし…
悲しい、けどとても大笑いした、夜でした。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6


襲撃

2006/06/12 20:27
夕べ、さあ深い眠りにつこうとベッドにもぐりこみ、うとうととしていたら、猫に襲撃されました。

猫が突然ベッドに飛び乗り、布団から出た私の手の甲をがぶり。
痛いので、離そうと手を動かすと、両前足で手首を抱え押さえつけてきた。
負けじと、猫の顔を手で押さえ込む。
押さえ込まれた猫は、押さえ込まれたまま数秒待ち、力をため、勢い良く私の手を振り解き今度は手の内側をがぶり、強く噛んでくる。
両前足でまたもや手首を抱きかかえ、後ろ足で猫キック。
「イタイイタイ痛い!」叫びながら猫を振りほどく。
手から離れた猫は、「フン」とため息をつき手を睨みつける。
ジャンプ。強い力で手に飛びつき抱え込む。噛んで、後ろ足でキックして……




猫の襲撃により、私の両腕は怪しげな引っ掻き傷が残りました。(下手したら、○○未遂? みたいな痕です。)
恐ろしい…恐ろしい猫です。本人は、遊んでるつもりだからなお怖い。
いつか食われるかも。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


引越し2

2006/05/28 11:10
画像
そして…その後のオパさんの様子です。
今朝。
7匹中6匹は、真っ赤な体で一つの溶岩石にみんなで群がってツマツマしたり黙りこくったりしていました(写真参照)。

残りの1匹は、真っ白な体で水槽の上部ガラス面に張り付いて黙っています。
よくよく見ると、ヒゲに塵が積もってる。

昨日の引越しにより、水槽中を舞っていた塵はいたるところに積もり、サンゴで作った隠れ家やら溶岩石やらを汚していたのですが…。この子だけは、ヒゲの塵を払うことができないようです。
心配。

よくよくみると、他の6匹も、集まっているのは塵が積もらなかった溶岩石の部分。
みんな、困っているのかも…。
どうしよう!!
掃除を直ちにしたほうがいいのか、これ以上水槽をいじってオパちゃんにストレスを与えていいのか…悩みどころです。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


引っ越し

2006/05/28 10:46
画像
昨日、朝から夕方にかけてオパエウラの引っ越しをしました。
※写真は旧水槽

引っ越し用の水槽にはすでに珊瑚砂と溶岩石と半海水が投入されていましたが、なんとなくそれが嫌になってすべて取り替えることに。
たとえ新水槽が出来上がってないとしても、中身を旧水槽から全部引っ越してしまえば実は入れ物が変わっただけで大丈夫なんじゃないか? というよくわからない考えから行動を起こしました。

そこで、水槽の水を一度全取り返して、半海水の半分くらいの塩分濃度にしてから、4分の1くらいに水を減らし、そこへ旧水槽の水を混ぜながら、今度は旧水槽と新水槽の混ざった水を2.5ミリリットルずつ10分おきくらいに、旧水槽へ混ぜていきました。
これを交互にやっていきました。

移動の時点で白くなるオパエウラ。
水槽を回転させてみると、珊瑚を組み立てた裏側が見えて、4匹くらいがそこで固まっていました。
ここが君たちの住まいだったのだね…。

旧水槽の水が減ってきた段階で、今度は珊瑚砂を掬って新水槽に移していきました。
が、大変。
珊瑚砂はパウダー状の細かいもので、水槽に投入すると水槽内を漂う奴ら(塵)が出てきたのです。
しかも、旧水槽にはすでに珊瑚石が組たっている部分が半分あり、珊瑚砂の回収が思うようにいきません。
どうしよう…。
考えた末、旧水槽の珊瑚石を移動して、2、3個オパちゃんたちが隠れられるように残した末珊瑚砂を回収しようと計画。
珊瑚石を取り崩していきました。
ピューピュー泳ぎ回るオパエウラ。
何匹? 1、2、3…7匹いる!!  元々うちに連れてきた入れ物の時も7匹だった。全員今まで無事だった。
珊瑚砂をだいぶ回収した床に、新たに珊瑚石を3個ほど組み立てて隠れてもらうように思ったのに、びっくりしすぎて泳ぎ回るオパエウラ。
邪魔で、珊瑚砂の移動がうまくできない。
緊急事態。
先に、新水槽のほうへ溶岩石や珊瑚石を組み立てて、オパエさんには移動してもらって、残った少ない珊瑚砂を端へ投入していこうと、作戦変更。

画像
……。
結果、水は塵で白く濁り、オパエは真っ白。
唯一普通に動き回るのは石巻さんのみ。いや、彼も「餌がない」と慌ててたかも…。

引っ越しは成功したのかしていないのか…?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


そらの災難

2006/05/26 20:12
先週日曜日、そらを動物病院に連れて行きました。
爪切りは動物病院でしてもらっているので、月一くらいのペースで連れて行っているのですが、今回の目的は3つ。

・爪きり
・ノミとり薬
・ワクチン接種の相談

ここのところ暖かくなってきたので、家もドアや窓が全開になる季節なのですが、最近のそらは2階のみならず1回も徘徊するようになり、うかうかドアを開けることができなくなってきたのです。
このままでは、いつかそらは家の外へ旅立ってしまう…!!
そこで、3種のワクチン接種だったのを5種に変えてもらおうか、と相談をしました。

院長の丁寧な説明の元、やはり5種を接種したほうがいいという結論になりました。
「ワクチンを打つ前に、その病気になっていないか検査しましょう」
そら、左足首から血を抜かれました。
「フーッ」と怒るそら。

次は爪きり。
エリマキトカゲにされ(エリザベスカーラー?)、体を抑えられ爪きり。
またもや「フーッ」と怒るそら。

次はノミとり薬塗り。

血液検査が終わるまで、待合室で待つことに。
15分。

検査結果、その病気にはなっていないということで、ワクチン接種もしてもらうことになりました。
女性の先生に、プスっと太ももに注射をさされるそら。
「フーッ」とした後、むすっとして黙って怒っているそら。
またもや15分待って、診察。
「今のところ大丈夫ですね。ただ、猫ちゃんは一日後とかに熱が出たりするので、ぐったりしてご飯を食べないようならまた連れて来てください」

家を出て1時間強でやっと家に帰れたそらは、鈍い動きでその場に座りました。
「そら〜♪」と、前足や体をつんつんしたら、
「フーッ」と怒り、去っていきました。

その日の夜、いつもは元気に暴れまくるのにおとなしく、ご飯を食べた後もすぐに眠ってしまいました。
次の日の朝は、いつもは餌がほしくて私を早くて4時には起こすのに、私を起こすどころかぐったりして起きれない様子。目を開けて部屋を行き来する私を眺めていました。
そら、大丈夫?
私はとても不安になりながら、会社に行きました。

結局、ぐったりしたそらも、朝ごはんはしっかり食べて(さすが食い意地がはっている猫だ)、午後にはだんだん動き回るようになり、私が帰る夜にはすっかり元気なそらになってました。
あーよかった。

痛いことが立て続けにあって、そらにとっては災難な一日となりました。


後日談として…
その日以来、そらの行動が大人びてきたような…気のせい?
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


溶岩石

2006/05/21 00:16
画像
そらにストーキングされつつも更新。

オパちゃん水槽のために、溶岩石を買ってきました。
アクアフォレストさん。新宿にあります。
わざわざ、石の真ん中に1センチ位の穴があるものがそろっていて、1個490円だったので、貧乏根性がでてきてなるべく大きなものを選んでしまいました。

水槽に沈めてみると(事前に水バケツに沈めてから)、あらいやだ。石が大きくて石と石の隙間が大きい。これじゃ、体の小さなオパちゃんの隠れ家にはならないんじゃない?

元々放任主義な私は、特に見た目にはこだわらないので、オパちゃんがたくさん隠れられるように本当はたくさん石を積んであげたいのですが、お金がない。
逆に、放任主義すぎて、石がたくさんあるとゴミがたまってよくないかもしれない。
石の追加も検討しましたが、やめておくことにしました。
実際オパちゃんが今すんでいる水槽では、小さめな珊瑚石をごてごて組み立てて隠れ家を造っていて、それでどうも十分みたいです。匹数も少ないし。
溶岩石は、オパちゃんたちが故郷を懐かしむための遊び場ということで。

オパちゃんたちの引っ越しは、いつかな…。

溶岩石と一緒に、石巻貝を1匹買ってきました。
早速現オパちゃん水槽に入れると、次の日の朝みたら元気よく動き回っていました。
オパちゃんは真っ白なんですけど…。大丈夫かしら。
石巻先生を投入時、ついでに珊瑚砂を少々いただいてしまったので、オパちゃんたちが大騒ぎをしてしまったのです。
その大騒ぎが尾を引いているのか、石巻先生にビビっているのか…。
早く仲良くなっていただきたいものです。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


2006/05/16 20:17
我が家には、室内飼いのそら以外に、屋外飼いの猫が2匹います。
1匹は、もう20歳ちかくになるはずの「はるこ」黒猫。
もう1匹は、去年の秋頃に住み着いた1歳くらいの「ちび」トラ猫。

今年のお正月に、はるこの母猫「クロ」黒猫が☆になり、
ママにべったりだったはるこは、今度はちびにべったりになりました。
ちびの姿が見えないと、にゃーにゃー鳴いて呼びます。
昔、クロが健在だった頃、ちびが家に住み着いてもなかなかはるこは
ちびを迎え入れずに怒ってばかりで気に入らない様子だったのに…。

クロは老衰で動くのもだるそうだったので、クロが☆になったとき、
はるこはどうなるのかしら、なんて家族で心配していたのですが
ちびが来てくれたおかげで、はるこは、寂しげではありますが元気に生活しています。

さて。
そんな2匹ですが、先日私は祖母の変わりに猫に夕ご飯をあげることになりました。
はるこはニャーニャー足にまとわりついていて、ちびは私にビビリながらも
食事どころ(犬に餌が食べられないよう、少々高い台にあります。)に乗って待っています。
キャットフードをお皿に入れて、台に置きました。
はるこは、まだニャーニャー私の足にまとわりついています。
ちびは、目の前に餌があるのに小声でにゃーと鳴いてうろうろしています。
はるこを持ち上げて台に乗せてあげると…

2匹は頭と頭をゴツンとさせてから、ガツガツ食べ始めました。

どうやら、ちびは普段からはるこが餌を食べ始めるのをちゃんと待っているようなのです。
普段餌をあげている祖母にその話をすると、教えてくれました。
ちびは、餌を与えられても、はるこが来るまで待っているらしいのです。
なかなか来ない場合は一人で食べるそうですが、待っているように見えます。


画像
猫って、そういうことあるんですね。
犬なら、群れで生活するし主従関係しっかりしている性格らしいので
ありそうなんですけど、猫にもあるのかもしれない! と、発見しました。

写真は、まだ元気だった頃のクロとはるこです。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


新オパエウラ水槽作成!!

2006/05/14 17:33
画像
昔購入したキューブ水槽を、オパちゃん用に改造すべくがんばってみました。
海水を入れて、珊瑚砂入れて、ライトを照らしたのが先週。
今日は、エアポンプを入れてみました。
泡の量を調節したかったけれど、どうやってもこれぐらいは出ちゃうのです。
こんなに水流あったら、オパちゃん吹っ飛んでしまうかしら…。
それとも、隠れ家をたくさん作ったら大丈夫かな?

次は、溶岩石でも探してきて、お家を造りたいと思います。

ちなみに、まだオパちゃんは入ってません!
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


初ブログ

2006/05/07 20:31
とうとう、ブログを開設しました。
こっちのほうが、更新しやすいのかなぁと思いまして…。

もう、ゴールデンウイークが終わってしまいました。
明日から仕事です。はぁ…行き方、覚えてるかな?

5月2日に、そらは我が家に拾われました。
とうとう1年たちましたよ。早いですね。
最近のそらは、一年前の私たちでは想像もできなかったくらいの
やんちゃでおてんばな女の子になりました。
ドンドン高いところへジャンプできるようになってきて、
障子も穴だらけ。
とても、足断絶するかも…と言われていた子猫とは思えません。
後ろから見ると、足は変な方向に曲がっちゃっているんですけどね。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


月別リンク

空を飛んだ猫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる